自宅葬だからできる充実した内容

自宅葬の流れ

1日目

ご依頼

いざという時は当社へお電話ください。故人様のお帰り先に故人様を御安置する布団がない場合はその旨お伝えください。

お迎え

ご連絡をいただいてから約1時間でご指定の所へ寝台車にてお迎えにまいります。


寝台車

御安置

到着するとご安置と同時にドライアイスの処置と枕机の準備をさせていただきます。この時に、故人様のお着せ替えをさせて頂く事もあります。


仏衣・布団

お棺

枕飾り一式

ドライアイス

打ち合わせ

まずはお通夜と葬儀のご希望日時を伺います。お勤めして頂く僧侶のご都合に合わせる為です。ご当家と僧侶のご都合をすり合わせ日時決定。この時に葬儀の見積もりも同時進行で行います。できればこの時に故人様の遺影写真をお預かりします。打ち合わせ終了後一旦引き上げます。


役所・火葬
手続き代行

設営

その規模にもよりますが、お通夜をする日に納棺とお通夜準備をさせていただきます。


葬儀スペース
確保

卸遺影写真

位牌
2日目

お通夜

お通夜の30分前頃にはお勤め頂く僧侶がお見えになられます。丁寧な僧侶は故人死亡の連絡後、お通夜のお勤めに来るまでに一度来て枕経をお勤めされる場合があります。この際は平服(=礼服のことです。正礼装、準礼装でなくてよい)で家にいる方だけそばにいて下さい。わざわざ枕経のために親族が集まる必要はありません。

30分〜1時間で僧侶のお勤めが終わりお帰りになられます。

その後は読んで字のごとく 夜(よ)通(どおし)近親者で故人のご遺徳をしのびます。


スタッフ
3日目

お葬式

お葬式の日はその時間にもよりますが開式1時間前にはお食事を済ませてください。来客があったり親族が集まってきたりで特に喪主様は慌ただしい時間帯です。お食事をしている暇が無くなります。

僧侶は30分前くらいに来られますが葬儀の日は衣を着替えられますので僧侶の着替えるスペースを確保しておく必要があります。一畳くらいのスペースがあれば大丈夫です。葬儀のお勤めは45分前後です。


スタッフ

お別れ

葬儀終了後、お棺はお別れのできる(お棺のふたを外してお花などを手向ける)状態にし、ゆっくり最後のお別れをしていただきます。お別れ終了後、御出棺となります。御出棺時にはあらかじめ決めておいた車にそれぞれがスムーズにご乗車下さい。


霊柩車

献花

火葬場

京都市中央斎場の場合多少制約があります。あらかじめお伝えしますのでご理解、ご協力をお願い致します。火葬場では最後のお焼香のち火葬炉でお見送り

京都市中央斎場の火葬時間はその日の都合で1時間〜2時間と大きな開きがあります。火葬の間は斎場待合室にてお待ちいただきます。(飲食の持ち込みは禁止です。軽食喫茶店有り)御収骨の準備が整いましたらご案内し御収骨となります。


火葬場
使用料

納骨器
骨壷

帰宅 お骨安置

お骨を御安置する(中陰段)祭壇を組み御安置、一般的には死亡日から49日間お祀りします。


後飾り祭壇

ご精算

葬儀終了後、日を改めてお宅にお伺いし返礼品の返品があれば差し引きしハイヤーご利用の場合、時間制となりますので帰宅されるまでの実際にかかった時間を元にこの段階で正式な請求書を作成致します。

この時に健康保険の葬祭費支給手続きや年金相続などあればご相談させていただきます。全て終了の後ご精算となります。


アフター
サポート

自宅葬だからこその格安プラン

京都市内は無料で出張お見積もり

深夜・早朝でも安心してお電話下さい
  • ご自宅で葬儀が可能かどうか
  • どこに祭壇を作り場所を作るか
  • 段取りもお見積もりします

メニュー

2020 はやし葬祭